HOME » CPAP以外の無呼吸症候群の治療法まとめ » 外科手術

外科手術

睡眠時無呼吸症候群の治療で、外科手術が選択される症例についてまとめました。用いられる術式と、懸念される副作用やデメリットについてもチェックしておいてください。

無呼吸症候群の治療で外科手術が適用となるケース

無呼吸症候群で外科手術が選択されるのは、原因となっている症状が明らかな場合。気道が閉塞する原因となる部位を切除、咽頭部を拡大し、スムーズな呼吸を促すことを目的としています。

外科手術が適用されるケースは以下の通り。

アデノイド肥大

咽頭扁桃増殖症と呼ばれる症状で、のどの奥・鼻の後部にある咽頭扁桃と呼ばれるリンパ組織(アデノイド)が肥大して気道を塞ぎます。子供に多く見られる症状で成長と共に落ち着く傾向ですが、大人になっても肥大が見られるケースもあります。

扁桃肥大

のどの入口にある口蓋扁桃が大きく肥大している症状。呼吸がしにくいだけでなく、食物を嚥下しにくくなるというデメリットもあります。

以上のような症状が原因で無呼吸症候群が起きていると診断された場合は、手術が治療の第一選択肢となります。手術で状態が改善されればCPAPに頼らずに生活できる可能性も高まり、合併症の予防にもおおいに有効です。

外科手術の種類

睡眠時無呼吸症候群の治療で行われている外科手術には、以下のような種類があります。

口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)

外科手術において最も代表的な術式。口蓋扁桃・口蓋垂・軟口蓋を外科的に切除して口腔・鼻腔側の粘膜を縫合し、咽頭を広げていきます。数日~1週間程度の入院が必要です。

レーザー手術(LAUP)

近年行われるようになってきた治療法、UPPPを簡略化した術式です。レーザーを使用して口蓋垂の一部を切除し、その両サイドに切り込みを入れて気道を拡大します。UPPPより切除範囲が少なく、日帰り手術が可能です。

外科手術のデメリット・副作用

口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)で無呼吸症候群の治療効果が見られたのは、患者の約50%ほどであるという報告がなされています。また、一時的に改善されたように見えても、無呼吸が再発してしまうケースもあるようです。

さらに、数日~1週間程度の入院が必要となることや、術後の出血・のどの痛み・声が変わる・水を飲むと鼻に逆流するなどの副作用も見られます

レーザー手術(LAUP)は入院不要でUPPPよりも切除範囲が狭いため、患者負担が少ない治療法と言えます。しかし、この手術で治療効果が認められているのは「いびき」の改善であり、無呼吸症候群に対して明確な効果があるとはされていません。

いびきは少なくなったが無呼吸が悪化してしまったというケースも報告されているため、慎重な判断が必要です。

Page Top