HOME » CPAP以外の無呼吸症候群の治療法まとめ

CPAP以外の無呼吸症候群の治療法まとめ

CPAP以外にも、睡眠時無呼吸症候群治療に有効とされる方法はあります。CPAPでの治療を続けるのが困難であると感じた場合、医師に相談して取り入れてみてはいかがでしょうか。

無呼吸症候群の改善に効果的といわれる方法

無呼吸症候群の代表的な治療法はCPAPですが、それ以外にはどのような対策・改善法があるのでしょうか。このカテゴリではCPAP以外の治療方法をまとめて紹介しています。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、あなたの無呼吸症候群治療の選択肢として検討してみてください。

マウスピース治療

主に歯科医院で製作される専用のマウスピースを装着し、気道を広げて無呼吸を防ぐ治療。

CPAPよりも手軽な治療法として注目を集めていますが、実際の効果や費用はどうなのでしょうか?

口にはめるだけでOKという手軽な方法ですが、実歯が少ない・18歳未満は使用不可など、適用とならないケースも多いもの。ぜひ隅々までチェックしてください。

外科手術

睡眠時無呼吸症候群の原因がアデノイド肥大・扁桃肥大であるなど、外科手術で治療できるケースについて解説しています。

他の治療法に比べてリスクも大きい治療法ですが、その改善効果はどの程度のものなのでしょうか?また、手術方法にも口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)やレーザー治療(LAUP)といった種類があるので、施術方法にも注目です。

用いられる手術の術式とその内容、事前に知っておきたいデメリット・副作用もまとめています。

その他の治療法

鍼灸・アロマテラピー・バイオプレート治療など、無呼吸症候群の治療に有効であるとされる方法についてご紹介します。快眠法としても知られる鍼灸やアロマテラピーは、睡眠時無呼吸症候群の治療方法としても有効なのでしょうか?メリット・デメリットをあわせて解説していきます。

また、新しい無呼吸症候群の治療法として注目を集めるナステントについても紹介しています。他の治療法と比較した際の優位点や期待できる効果についてまとめているので、要チェックです!

Page Top