「いびき時間」を調査しました

ブリーズライト

122分 → 20分

花仙ミニ

122分 → 1分

ナイトミン

122分 → 6分

睡眠時無呼吸症候群の治療navi » 無呼吸症候群の対策法

無呼吸症候群の対策法

CPAP以外にも、睡眠時無呼吸症候群治療に有効とされる方法はあります。CPAPでの治療を続けるのが困難であると感じた場合、医師に相談して取り入れてみてはいかがでしょうか。

無呼吸症候群の改善に効果的といわれる方法

無呼吸症候群の代表的な治療法はCPAPですが、それ以外にはどのような対策・改善法があるのでしょうか。このカテゴリではCPAP以外の治療方法をまとめて紹介しています。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、あなたの無呼吸症候群治療の選択肢として検討してみてください。

肥大した喉の一部を切除(外科手術)

睡眠時無呼吸症候群の原因がアデノイド肥大・扁桃肥大であるなど、外科手術で治療できるケースについて解説しています。

他の治療法に比べてリスクも大きい治療法ですが、その改善効果はどの程度のものなのでしょうか?また、手術方法にも口蓋垂ー軟口蓋ー咽頭形成術(UPPP)やレーザー治療(LAUP)といった種類があるので、施術方法にも注目です。

用いられる手術の術式とその内容、事前に知っておきたいデメリット・副作用もまとめています。

外科手術による
無呼吸症候群の治療

肥満を解消して無呼吸症候群の症状を抑える

欧米型の食生活が進み、日本にも肥満に悩む人が数多く存在するようになりました。「メタボリックシンドローム」という言葉は、あらゆる世代の人に浸透し、心筋梗塞や脳溢血など、一回の発作で命を奪いかねない大病の源になると、恐れられています。健康診断などの結果を受け「医師の診療を受けなくてはならない。そして改善に努めなさい」との通告を受けた人は、事態を深刻に受け止める必要があるのです。

睡眠時無呼吸症候群は、何らかの原因で上気道が塞がれることにより発生しています。その原因のひとつとして、肥満が挙げられます。首の周りにたっぷりと付いた脂肪が、正常な呼吸を妨害することも多いので、要注意なのです。

肥満による無呼吸が常態化すると熟睡が阻まれ、夜中に何度も目が覚めるようになってしまいます。また日中も頭が朦朧として記憶力が低下したり、うつの要因となってしまうこともありますので、放置せず対策へ取り組むことが必要です。

体質改善による
無呼吸症候群の改善

マウスピースによる改善

主に歯科医院で製作される専用のマウスピースを装着し、気道を広げて無呼吸を防ぐ治療。CPAPよりも手軽な治療法として注目を集めていますが、実際の効果や費用はどうなのでしょうか?

口にはめるだけでOKという手軽な方法ですが、実歯が少ない・18歳未満は使用不可など、適用とならないケースも多いもの。ぜひ隅々までチェックしてください。

マウスピースによる
無呼吸症候群の治療

鼻呼吸で無呼吸症候群を改善させる

人間の呼吸は生まれつき鼻呼吸ですが、鼻炎など何らかの理由で口呼吸になってしまいます。

口呼吸には、口臭がきつくなる、風邪をひきやすくなるといった比較的小さなデメリットから、慢性的な口呼吸による扁桃肥大(喉の腫れ)を起こして気道が狭くなり、いびきや睡眠時の無呼吸を起こし、睡眠中の酸素量の低下によって血管や心臓に関わる疾患を併発する恐れがあります。

無呼吸症候群のうち9割は、いびきをかく「閉塞型」と呼ばれる種別になります。つまり、いびきを抑える行動(鼻呼吸の促進)を心掛けることで、睡眠時の無呼吸への対策にもつながる可能性があります。

鼻呼吸促進による
無呼吸症候群の改善

ナステントによる無呼吸症候群の解消

新しい無呼吸症候群の治療法として注目を集めるナステントについても紹介しています。他の治療法と比較した際の優位点や期待できる効果についてまとめているので、要チェックです!

鼻腔挿入チューブ「ナステント」について

参考文献