睡眠時無呼吸症候群の治療navi » いびきは無呼吸症候群のバロメーター » 【実験】いびき対策グッズ4ジャンル対抗 睡眠快適度調査

【実験】いびき対策グッズ4ジャンル対抗 睡眠快適度調査

amazonなどで一般に販売されているいびき対策グッズを、4つのタイプにわけて装着実験を行いました。

スマホアプリで「いびき」を計測

sleep cycle alarm clockイメージ
引用元:Sleep Cycle alarm clock
https://play.google.com/store/apps/
details?id=com.northcube.sleepcycle&hl=ja

実験にはiPhoneでもスマホ(Android)でも無料で使えるアプリ「sleep cycle alarm clock」を使用しました。

普通の「めざましアプリ」と同じように、起きる時間を設定して枕元に置いておくと、睡眠の深さやいびきをかいていた時間を記録してくれます。

今回の実験では、「いびきの時間」と、実際使用してみての感想を商品ごとにまとめました。

実験を行なった人

低音の響き系いびきのAさん

被験者のいつもの結果
  • 30代男性
  • 身長160cm,体重85kg
  • 飲酒:なし 喫煙:あり
  • 平均的ないびきの時間:122分

ほぼ毎日、いびきをかくというAさんは、睡眠中に平均して2時間程度いびきをかいている時間があります。

いびきの種類は、「ぐおー」「がおー」というような響くタイプのいびきだそうです。

Aさんの奥様の悩み:本当に呼吸が止まるので、安心して眠れない…

睡眠中に、頻繁に呼吸が止まっているのに気づいています。どうしていいかわからず、とりあえず口を閉じて鼻で呼吸させるようにしてみると呼吸ができているようでしたが、無呼吸が心配で安心して眠れませんでした。

いびきも寝ている間中はほぼずっと続いているように感じます。実際測ってみて、2時間ほどいびきをかいていたので驚きました。

実験の結果

結果は、どれもすべて大幅にいびきの時間を減らすことができました。

アプリ独自の計算法によって計測される快眠度は、何もつけていないときと比べて上がったものも下がったものもありますが、何もつけていない場合のAさんの快眠度は22%〜58%だったため、大きな差が見られなかったともいえます。

同じような効果が得られるなら、自身の体質に合ったものを選ぶか、「花仙ミニ」のように価格的に試しやすいものがいいかもしれません。

近くで寝ていた奥様の感想は…

これまでの「ガーッ」「ゴーッ」といったうるさいいびきから、「スー、スー…」という抜けるような音になっていました。ちゃんと呼吸ができている感じで安心できます。

今はいびきをまったくしていない時間が増えましたし、何より眠っている様子が苦しくなさそうなのが良いです。

ブリーズライトの商品画像
3か月続けた場合の価格
5,553円
いびきをかいていた時間
122分 → 20分
いびきカット率
83.6%カット
ブリーズライト計測結果
花仙ミニの商品画像
3か月続けた場合の価格
999円
いびきをかいていた時間
122分 → 1分
いびきカット率
99.2%カット
花仙ミニの計測結果
ナイトミン鼻呼吸テープの商品画像
3か月続けた場合の価格
5,172円
いびきをかいていた時間
122分 → 6分
いびきカット率
95.1%カット
ナイトミンの計測結果
いびきくんの商品画像
3か月続けた場合の価格
2,310円
いびきをかいていた時間
122分 → 5分
いびきカット率
95.9%カット
いびきくんの計測結果

使用し続けないと効果を得られない

いびき対策グッズのほとんどに共通して言えるのは、使用をやめた瞬間にまたいびきをかきはじめてしまう、ということです。

器具を使わずにいびきを止められるようになるためには、口呼吸を改善させ、また鼻づまりのようなストレスがなく鼻呼吸ができるようになる必要があります。

鼻づまりのひどい人がいびきを止めるには

アレルギーなどによる鼻炎で鼻づまりがひどい人は、永遠にいびきが治らないのかというとそんなことはありません。

鼻詰まりの原因は、鼻の下にある筋肉(鼻中隔下制筋)の力が弱いことにあります。この筋肉は、鼻の粘膜が上にせり上がって鼻腔を狭くさせないように、下に押し下げる作用を持つ筋肉です。この筋肉の緩みによって鼻づまりが起きているかどうかは、鼻の穴の下あたりを3分ぐらい指で押し下げ続けてみてください。次第に鼻の通りが良くなってきます。

今回実験を行った商品の中だと、「花仙ミニ」は装着することで鼻中隔下制筋への作用も期待できるそうです。3か月装着してみて、その後は使用しなくてもしばらくはいびきをかかずに眠れるようになるそうです。

【ノーズテープ代表】
ブリーズライトの使用結果

ブリーズライトを使ってみた感想

ノーズテープのメリット・デメリット

絆創膏のように鼻へ貼付するだけで鼻腔を拡張。鼻通りを改善するために開発されたグッズです。

ノーズテープタイプのいびき対策グッズ

いびき対策グッズは多くの種類が販売されていますが、やっぱり鼻や口の中に入れたり貼り付けたりするものなので、メーカー名がはっきりわかっていて安心できる商品だけをピックアップしました。

【鼻腔拡張器具代表】花仙ミニの使用結果

花仙ミニを使ってみた感想

鼻腔拡張(ノーズコーン)タイプのメリット・デメリット

睡眠時の鼻呼吸を促進するために開発されている商品。両鼻の穴に挿入するだけなので、使用は簡単です。

鼻腔拡張タイプのいびき対策グッズ

【口テープ代表】ナイトミン 鼻呼吸テープの使用結果

ナイトミン 鼻呼吸テープを使ってみた感想

口テープタイプのメリット・デメリット

物理的に開口を抑制することで、就寝時の口呼吸やいびき発生を防止するグッズ。貼付時に肌が荒れないよう、計算されている商品が多くなっています。

口テープタイプのいびき対策グッズ

【マウスピース代表】いびきくんの使用結果

いびきくんを使ってみた感想

マウスピースタイプのメリット・デメリット

睡眠時に口が開かないよう、矯正することを目的に開発されています。

マウスピースタイプのいびき対策グッズ