睡眠時無呼吸症候群の治療navi » いびきは無呼吸症候群のバロメーター

いびきは無呼吸症候群のバロメーター

このカテゴリでは、いびきと無呼吸症候群について、情報を特集しています。

いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)との関係性

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に何度も呼吸が停止する症状。10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上の無呼吸・低呼吸が認められた場合に、睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。

この病気の症状には、いびきの合間に呼吸が止まり、再開と同時にまたいびきをかきはじめるという特徴があります。すべてのいびきが無呼吸症候群であるとは言い切れませんが、家族からいびきを指摘された場合などは、その可能性が高まります。

自覚症状としては、日中の激しい眠気・倦怠感・集中力や注意力の低下・起床時の頭痛・頭重感などが挙げられるので、心当たりのある方は早めに専門医を訪れた方がよいでしょう。

無呼吸状態が続くと睡眠の質が低下するだけでなく、生活習慣病にかかるリスクも増加。大きないびきによる無呼吸・低酸素の状態が長期間に渡って続くと、高血圧・不整脈・心疾患・脳卒中などの発生率が高まるのです。

たかが「いびき」とあなどらず、万が一の可能性も考慮して適切な対応を心がけたいもの。本カテゴリには以下のページを設けていますので、ぜひ参考にしてください。

【実験】いびき対策グッズで「いびき時間」を調査しました。

「いびきは治したいが、病院に行く時間や勇気がない…」。そんな時に役立つのが、ドラッグストアや通販サイトで販売されている「いびき対策グッズ」。購入して今日からスタートできるので、効果への期待も高まります。

その種類は意外に豊富なので「一体どれを選べば良いのだろう?」と、迷っている人も多いのではないでしょうか。その比較調査を行っていますので、ぜひチェックしてください。

「眠りが浅いからいびきをかくの?」など、いびきと睡眠の関係性について徹底ガイド。いびきをかくメカニズムと気をつけたい症状、いびきと無呼吸症候群の密接な関わりについても触れています。

いびき対策グッズを使った実験の結果は…

体質・種類から判断するいびきの原因

世の中には、いびきをかく人と、かかない人がいます。両者の間には、どのような違いがあるのか気になりますよね。いびきをかきやすい人の特徴や、男女別の原因を紹介していますので、参考にしていただければと思います。

また、誰でも簡単にできる「いびきの自己チェックシート」も掲載していますので、トライしてみることをおすすめします。

体質・種類から判断するいびきの原因

いびきはどこから音が出ているのか

音量によっては、怒鳴り声にも匹敵する大きさともなる、いびき。眠るという安静状態にある人体のどこから、そんな大音量が発生するのか、不思議に感じる人も多いと思います。

そのカギとなるのが「上気道」。いびきについて調べていると、必ず上気道についての解説が出てきます。その概要を本ページでしっかりと確認し、今後の対策へ役立ててください。

いびきはどこから音が出ているのか

いびきを完治させる方法

いびきは、発信源である本人に「あまり自覚がない」という特徴があります。しかし、健康への悪影響が気になるほか、家族など寝室を共にする人に大きな迷惑をかけているのは事実なので、きちんと向き合い、真剣に改善を目指していく必要があります。

このページでは、その具体的な治療法について情報をまとめていますので、治療開始のきっかけにしていただければと思います。

いびきを完治させる方法

いびきをかくのは睡眠が浅いから?

結論から言うと、いびきは眠りを浅くする原因となります。睡眠中に上気道が部分的に狭くなり、空気が通るときに粘膜が振動して鳴る音が「いびき」。かつて、いびきは「ぐっすり寝ている証拠」とされていましたが、最近では何らかの不調が発生しているサインであることが分かってきました。

いびきをかいているとき、気道は閉塞傾向にあるため、十分な呼吸ができず身体は酸素欠乏状態になります。酸欠状態になると身体はしっかりと休むことができなくなり、神経は常に興奮状態。これでは、深い眠りを得られません。いびきの音で眠りが浅くなるのではなく、酸欠が主な原因なのです。

「いびきをかく⇒酸欠状態」というサイクルを繰り返すと浅い眠りの回数が増え、睡眠をとったつもりでも寝不足感・疲労感を覚えることになります。いわゆる、睡眠の質の低下です。

慢性的にいびきをかいている方は睡眠の質を高めるためにも、一度専門医でその原因を確かめてみることをおすすめします。

睡眠負債を抱えないために、
「良質な睡眠」を極める!