HOME » 睡眠時無呼吸症候群の検査方法

睡眠時無呼吸症候群の検査方法

病院で行われる、睡眠時無呼吸症候群の検査方法について解説しています。

睡眠時無呼吸症候群の検査の種類

「無呼吸症候群かな?」と思ったら、まずは病院を診療することが大切。重度になると命の危険もはらんでくるため、気になる人は病院で診察してもらうようにしましょう。

最近は睡眠外来や睡眠専門のセクションを設けている病院も増えており、専門的な治療が受けられる医療機関が多くなっています。

このカテゴリでは、そんな病院での診察方法や詳しい治療の流れを紹介しています。いますぐできるセルフチェックや検査項目のリストなども掲載しているので、診察を考えている方はぜひチェックしておいてください。

今すぐできるセルフチェック

手軽にできる、無呼吸症候群のセルフチェック表を掲載。簡単なチェックで、無呼吸症候群の可能性を探ることができます。

世界中の医療機関で使用されている「ESS眠気指数テスト」もご紹介していますので、こちらも参考にしてください。

睡眠時の呼吸状態をアプリでチェック

手軽に、しかも中々の精度でできる睡眠状態チェック法として、アプリの活用があります。アプリを使用することで睡眠の状態や無呼吸症状があるかどうかを簡単に調べることができます。

スマホやタブレットを持っている人がすぐにダウンロードできる、おすすめアプリも紹介しています。

病院での簡易検査

睡眠時の状態を専用の機器でチェックし、睡眠時無呼吸症候群の可能性を評価する「簡易PSG検査」について解説。

自宅でできるのが特徴で、結果によっては精密検査へと移行する大事な検査です。また、受診できる医療機関や費用の目安についても触れています。

入院検査(PSG検査)

1泊入院で行う、PSG検査の検査項目と当日の流れについてまとめています。その他、自宅で行える簡易スクリーニングの内容も紹介しているので、受診を考えている人は必見です。

必要となる費用の目安や、検査についての注意点にも目を通しておいてください。

Page Top