HOME » 睡眠の質を高めるためのヒント » いびきと睡眠の関係

いびきと睡眠の関係

「眠りが浅いからいびきをかくの?」など、いびきと睡眠の関係性について徹底ガイド。いびきをかくメカニズムと気をつけたい症状、いびきと無呼吸症候群の密接な関わりについても触れています。

いびきをかくのは睡眠が浅いから?

結論から言うと、いびきは眠りを浅くする原因となります。睡眠中に上気道が部分的に狭くなり、空気が通るときに粘膜が振動して鳴る音が「いびき」。かつて、いびきは「ぐっすり寝ている証拠」とされていましたが、最近では何らかの不調が発生しているサインであることが分かってきました。

いびきをかいているとき、気道は閉塞傾向にあるため、十分な呼吸ができず身体は酸素欠乏状態になります。酸欠状態になると身体はしっかりと休むことができなくなり、神経は常に興奮状態。これでは、深い眠りを得られません。いびきの音で眠りが浅くなるのではなく、酸欠が主な原因なのです。

「いびきをかく⇒酸欠状態」というサイクルを繰り返すと浅い眠りの回数が増え、睡眠をとったつもりでも寝不足感・疲労感を覚えることになります。いわゆる、睡眠の質の低下です。

慢性的にいびきをかいている方は睡眠の質を高めるためにも、一度専門医でその原因を確かめてみることをおすすめします。

いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)との関係性

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に何度も呼吸が停止する症状。10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上の無呼吸・低呼吸が認められた場合に、睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。

この病気の症状には、いびきの合間に呼吸が止まり、再開と同時にまたいびきをかきはじめるという特徴があります。すべてのいびきが無呼吸症候群であるとは言い切れませんが、家族などから無呼吸を指摘された場合などはその可能性が高まります。

自覚症状としては、日中の激しい眠気・倦怠感・集中力や注意力の低下・起床時の頭痛・頭重感などが挙げられるので、心当たりのある方は早めに専門医を訪れた方がよいでしょう。

無呼吸が続くと睡眠の質が低下するだけでなく、生活習慣病にかかるリスクも増加。大きないびきによる無呼吸・低酸素の状態が長期間に渡って続くと、高血圧・不整脈・心疾患・脳卒中などの発生率が高まるのです。

たかが「いびき」とあなどらず、万が一の可能性も考慮して適切な対応を心がけましょう。

Page Top