HOME » 睡眠の質を高めるためのヒント » 睡眠薬の危険性とは

睡眠薬の危険性とは

ここでは睡眠薬の危険性について説明しています。

習慣的に睡眠薬を服用する危険性

睡眠薬は、病院やクリニックで処方してくれるし、安全だから毎日飲んでも大丈夫と思うかもしれませんが、薬によっては様々な危険性をはらんでいます。
そもそも睡眠薬は、不眠や浅い眠りで悩んでいる時に効果を発揮するもの。その手軽さから、「最近、少し眠りが浅いかな?」といったレベルでも、簡単に服用できてしまいます。ですが、むやみに多用すると体に思いもよらない影響を与える可能性も。

睡眠薬がなぜ入眠をスムーズに誘うのかというと、強制的に脳の中枢神経に対して抑制の信号を送り、無理やり脳を眠らせているのですから恐ろしいです。
この感覚に慣れてしまうと、習慣的に薬がないと眠れなくなる依存症も発生してしまいかねないので、睡眠薬の乱用は非常に危険なのです。

ハルシオンの危険性

睡眠薬の中で、不眠症対策として最もポピュラーなのがハルシオンです。
ハルシオンは麻酔としても有名ですが、病院で不眠症と診断されると処方される場合が多いようです。

服用すると症状を緩和させ、不眠を解消したりする効果がありますが、この効果は実は一時的なもので、根本的な治療にはなりません
ハルシオンにはおそろしい副作用もあり、攻撃的な性格になったり、幻覚や妄想を見たり夢遊病にもなるケースも報告されています。

それだけではなく、呼吸器にも異常を与え、呼吸がしづらくなるので睡眠時無呼吸症候群に発症する危険性があります。
依存性も確認されており、海外では処方禁止になっているところもあるようです。

結局のところ、睡眠薬は思い込みという意味のプラセボ効果が大きく、医者がこれを飲めば治る、という言葉だけで強い効果があるといいます。
つまり根本的な治療にはなっていないのです。
不眠症や無呼吸症候群を治すためには、信頼できるクリニックや病院で診察してもらい、薬に頼らない治療法を教えてもらうことが大事です。

Page Top