HOME » 睡眠の質を高めるためのヒント » 睡眠サイクルを上手く利用する

睡眠サイクルを上手く利用する

このページでは、睡眠サイクルについて説明します。

睡眠サイクルを理解して質の高い睡眠を手に入れる

いくら寝ても体が重く感じたり、休まった気がしない人はもしかしたら睡眠サイクルが狂っている可能性があります。
睡眠にはノンレム睡眠と、レム睡眠という2つのサイクルが存在しています。

まず眠りに入ると、ノンレム睡眠の状態になります。
ノンレム睡眠は、脳を休ませてくれたり、成長ホルモンを分泌させて、体の成長や細胞の修復などを行ってくれます。
このノンレム睡眠が約10分続いた後に、レム睡眠が訪れます。レム睡眠は、眠ってはいるけれど脳が起きている状態のことで1日の記憶を整理する役割があります。レム睡眠が約80分続いたらまたノンレム睡眠が始まります。


このようにノンレム睡眠とレム睡眠が90分間を1セットとして、一定のサイクルで繰り返されます。
この90分のサイクルを利用すると、4.5時間、6時間、7,5時間が最もスッキリ起きられる理想の睡眠時間なのです。

この質のいい理想の睡眠を得るためには、まず自分の理想の睡眠時間を知る必要があります。
そのために毎日の就寝時間を決めます。寝る前にアルコールを摂取するのも、浅い眠りしか取れなくなるのでやめましょう。
寝る前に携帯やパソコンを遅くまでいじってしまうと、寝つきが悪くなる原因になってしまいますので極力控えましょう。
この生活リズムを覚えた後は、睡眠サイクルを利用して、自分が何時間寝れば気持ち良く起きられるのかを実験します。

気持ち良く起きられる睡眠時間を体感したら、それが理想の睡眠時間です。
どれだけたくさん寝ても、ノンレム・レム睡眠が足りないと寝不足になってしまいます。もし睡眠サイクルを利用してもスッキリ起きられない場合は、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害の可能性があります。
あまりに寝れなかったり、イビキが指摘されるようでしたら、睡眠障害を疑ってみたほうが良さそうです。

Page Top