HOME » 睡眠の質を高めるためのヒント » 寝酒と睡眠の関係

寝酒と睡眠の関係

このページでは、寝酒と睡眠の関係について説明します。

寝酒が睡眠不足になる原因

なかなか睡眠できない日は、日本人は寝る前に寝酒を飲んでしまいがちだと言います。
お酒を飲めば、確かに心地良く眠れることができますが、実はこの寝酒は習慣にしてしまうと、睡眠不足の原因になってしまいます。

寝酒をすると入眠しやすくなる理由は、アルコールには体温を下げたり、神経を落ち着かせる効果があるため、体がリラックスするからです。
睡眠には体温が低くなることが条件ですが、アルコールが体温を下げるのを手伝ってくれるので、スムーズに眠りに付くことができます

ですが、寝つきが良くなる反面、睡眠の後半では、浅い眠りのレム睡眠が増えてしまいます
それだけではなくアルコールを体内に摂取することによって胃を刺激し、消化活動が働いてしまうため、身体の休息に時間がかかってしまうのです。
結果、お酒が深い睡眠を妨害してしまい、イビキをかきやすくなったり、夜中に目が覚めて睡眠不足に繋がります。

また、体内にはアルコールの耐性があるので、初めは少ないお酒で寝れますが、毎日習慣で飲んでしまうとアルコール耐性が原因で、お酒の量を増やさないと眠れなくなります
これが原因で不眠症やアルコール依存の原因にもなるようです。

習慣になってる人には大変かもしれませんが、お酒を飲まなくても寝れる体にリセットしなければいけません。
毎日規則正しい生活を送り、運動もしっかりすればぐっすりと眠れるはずです。

ですが忙しい社会人には、いきなり生活を規則正しくしろ、といっても現実的に厳しいですね。
寝酒をしてしまうと、無呼吸症候群にかかってしまっている場合も考えられますので、自分で無理やり治そうとしても危険な場合があります。

そこで、腕の良いクリニックや病院で1度診察をしてもらうと、正しい治療法で寝酒を克服することも可能なので、睡眠に悩んでる人にはおすすめです。

Page Top