HOME » 誰にでもわかる睡眠時無呼吸症候群(SAS)ガイド » 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とはどのような病気なのか、その症状や判断基準について詳しくまとめています。無呼吸症候群が社会的に注目されるようになった理由についても要チェックです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とはどんな病気?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、眠っている間に断続的に呼吸が止まる症状。10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上の無呼吸・低呼吸が認められた場合、睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。

睡眠中に気道が狭くなることで大きないびきをかき、ときどき呼吸が停止。その後、呼吸が再開するとともに再び大きないびきをかくのが特徴。不安定な呼吸の影響で十分な睡眠がとれず、日中に強烈な眠気や倦怠感を覚えることがあります。

仕事や勉強に差し支えるだけでなく、無呼吸による身体への負担も心配。血中酸素濃度の低下等の影響により、高血圧・脳卒中・心筋梗塞など、生活習慣病のリスクが高まると言われています。

睡眠時無呼吸症候群は30~60歳代に多く見られ、そのほとんどは男性。女性でも発症しますが、その数は男性の1/8程度です。この症状が見られる患者の特徴としては、肥満タイプ・下顎が未発達・首が短い人など。

とくに肥満と無呼吸症候群の関係は密接であると言われており、メタボ傾向の方はとくに注意が必要です。

判断基準は?

睡眠時無呼吸症候群の検査・診断は、内科・呼吸器内科・耳鼻咽頭科などで行われています。無呼吸症候群の判断基準は以下の通り。

  • 10秒以上の呼吸停止が、7時間の睡眠中に30回以上
  • 1時間に5回以上の無呼吸・低呼吸が認められる
  • 大きないびきを毎晩のようにかいている
  • 朝、起きた時に口腔内が乾燥している
  • 起床時に頭痛・頭重感がある
  • 日中、常に眠気・だるさを感じる
  • 扁桃腺・アデノイド肥大がある

以上のような症状が認められる場合は無呼吸症候群の疑いがあるとされ、自宅での簡易検査や入院しての精密検査が行われます。心当たりのある方は、早めに一度専門医を受診することをおすすめします。

注目されるようになった理由

日本で睡眠時無呼吸症候群が知られるようになったのは、2003年に起きた山陽新幹線の事故がキッカケです。

運転手は車掌に起こされるまで居眠りを続け、その後の検査で睡眠時無呼吸症候群であることが分かりました。無呼吸症候群の存在はそれ以前から知られていましたが、この事故を機に社会的な注目を集めることになったのです。

現在は検査機関・技術・治療法が発展し、睡眠時無呼吸症候群を専門とする外来やクリニックもあるほどです。

重篤な症状を未治療のまま放置しておくと、思わぬ事故や生命に関わることもあります。できるだけ早く、検査・治療を行うようにしましょう。

Page Top