睡眠時無呼吸症候群の治療navi » 睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ) » CPAPマスクの種類と選び方

CPAPマスクの種類と選び方

CPAP療法において、マスクの種類・装置の選択は最も重要なポイントです。症状を和らげ、快適な睡眠を得るためのマスク・装置の選び方とは?

マスクは全5種類

マスクの種類は大きく分けると5種類あり、さらに細かく分けると、さまざまな種類のものがあります。代表的なものは以下の5タイプです。

1.鼻タイプ

 鼻を覆うタイプで、種類も多く、最も一般的なタイプです。シリコン素材のものや肌への接触面が少ないものなど、さまざまなものがあります。

2.フルフェイスタイプ

 鼻と口を両方覆うタイプです。あまり見かけないタイプですが、鼻マスクをつけると口が開いてしまう方は一度試してみる価値があるかもしれません。

3.ピロータイプ

 鼻腔に直接挿入して空気を送るタイプです。個人差はありますが、一部の方からは支持を得ているタイプです。

4.ハイブリットタイプ

 鼻と口、両方に直接挿入して空気を送るタイプです。国内どころか海外でも品揃えが少なくなっており、価格が高くなりがちです。

5.口タイプ

 口に直接挿入して空気を送るタイプです。鼻腔が閉じやすい方におすすめのマスクです。

マスク選びで気をつけたいこと

CPAP療法で最も重要なことは、「自分に適したマスクを選ぶ」ということです。いくら継続的に使用をしても、マスクが自分に合っていないと治療がうまくいきません。以下のような状況の場合は、マスクがあなたに合っていない可能性があるので、医師に相談の上、早急に適切なものに切り替えることをおすすめします。

では、どのようなマスクを選べばいいのでしょうか。効果的にCPAP装置を使用するために、以下の2点に留意してください。

1.マスクの種類は適切か

購入する場合もレンタルする場合も、医師に相談の上で自身の症状に合ったマスクを選ぶのが前提です。ただ、シリコン素材でアレルギーを起こしたり、マスクそのものが重く、接触面が大きいために、快適な眠りを妨げたりする場合があります。ですから、症状だけでなく素材や重さ、接触面などにも考慮する必要があります。

2.マスクのサイズは適切か

サイズについては実際に装着し、一定期間試してみることが一番です。輸入品の場合は難しいかもしれませんが、購入後の不一致を防ぐためにも、まずレンタル品で試してから所有を検討することをおすすめします。

CPAP装置の種類と特徴

CPAP装置の機種には、オートタイプと小型タイプの大きく2種類があります。何を重視するかによって選ぶ機種は変わってきますので、レンタルや購入をお考えの方はぜひ参考にしてください。

小型タイプ・オートタイプのちがい

小型タイプとは、通常よりも軽量・コンパクトに作られている機種のことです。ペットボトル程度の大きさの種類もあり、出張や旅行の際に持ち運びしやすいことが最大のメリットです。

一方で、圧力の設定を自分で行う必要があるため、正しい設定ができないと治療に効果がありません。

ただし、このデメリットは医療機関を活用することで解消できます。「終夜睡眠ポリグラフィ」(PSG)という検査を受ければ、専門医に適正圧力を調べてもらうことでき、1泊2日で費用は15,000円前後。コストは上がりますが、長期にわたるCPAP治療を安心して行うことができるので、おすすめです。

圧力を自分で設定する必要がないのがオートタイプです。初期設定さえしておけば、呼吸の状態に応じ、自動で圧力を変更してくれるのがメリットです。

ただし、メーカーや機種ごとに、どうしても個人との相性がでてきます。

このデメリットを解消するためには、いくつかの機種を実際に試し、自分と相性のいいメーカー・機種を探していくしか方法はありません。その点で、CPAP機器は購入するよりも、本体や部品の交換が容易なレンタルのほうがいいといえます。

使いやすさを重視するならオートタイプ

オートタイプの最大の特徴は、なんといっても使いやすさです。本来、CPAP装置は自分で細かな設定をする必要がありますが、オートタイプはその必要がありません。

具体的には2つの特徴があります。ひとつは、患者の状態にあわせてリアルタイムで空気の圧力が変化するようになっていること。もうひとつは、データを記録するための機能が搭載されているので、そのデータを医師が回収して分析できること。

このようにオートタイプのCPAP装置は利便性に優れているので、「機械は苦手」「いちいち設定するのがめんどうくさい」という方におすすめです。

さらにオートタイプの中でも価格や安心性など、何を重視するかで選ぶ機種は変わってくるので、以下ご参考にしてください。

※値段はすべて本体の購入価格です。個人輸入代行の手数料などは含まれていません。レンタルの場合、どのメーカー・機種でも毎月5,000円程度。ただし、毎月1回の診察を受ける必要があります。

持ち運びを重視するなら小型タイプ

小型タイプの特徴は、持ち運びのしやすさです。オートタイプに比べて設定を自分でする必要がありますが、軽量、小型でポータブル機能に優れています。仕事や旅行などで外出時の使用が多い方におすすめです。

CPAP装置のメーカー

現在日本では、以下のメーカーのCPAPが流通しています。

フィリップス

フィリップス公式サイト画面
引用元HP:フィリップス
https://www.philips.co.jp/healthcare/consumer/sleep-and-respiratory-care/cpap

フィリップスはオランダのアムステルダムでスタートした電器機器関連メーカー。特に医療機器分野で高い技術力を誇っています。SASの情報サイト「無呼吸ラボ」も運営していることからも、CPAPの開発に力を入れていることがわかりますね。

同社のCPAPで人気なのは「ドリームステーション」。従来よりもコンパクトで出先にも携帯可能なだけでなく、専用アプリとの併用で治療の進捗確認も可能。エラーや故障の自動チェック機能も装備されていますよ。

帝人ファーマ

帝人ファーマ公式サイト画面
引用元HP:帝人ファーマ
https://www.teijin-pharma.co.jp/

2002年の創業と歴史が浅く、知名度は高くありませんが、医薬品や医療機器の開発と製造販売を専門に行う会社。SASに関しては、2004年から専用のカスタマーセンターを開設するなど、熱心な取り組みを続けています。

販売している「スリープメイト」は同社の開発商品ではなく、アメリカのレスメド社製。これまでに何度もバージョンアップされながら発売され続けてきた人気商品で、加温加湿機能が本体に搭載されています。帝人ファーマを通じてのレンタルが可能となっていますよ。

メトラン

メトラン公式サイト画面
引用元HP:メトラン
http://www.metran.co.jp/

こちらは1984年に、未熟児用の人工呼吸器を提供する会社としてスタート。その後2006年に、株式会社小池メディカルとのOEMで、日本初の国産CPAP「ジャスミン」を世に送り出しました。

ジャスミンはその後、タッチ式LCDディスプレイを備えた「ジャスミンJ」に進化。また近年はさらにコンパクトな「JPAP」の販売にも力を入れています。

パシフィックメディコ

パシフィックメディコ公式サイト画面
引用元HP:パシフィックメディコ
https://www.pacific-medico.com/

こちらは東京都千代田区に本社のある企業。主要業務として医療機器の販売を展開しており、同社が手掛ける「トランセンド」シリーズは、人気も高くなっています。「トランセンドオート」は、ユーザーの呼吸を自動モニタリングする優れもの。製造者は、アメリカのソムネティクス社となっています。

レスメド(ResMed)

レスメド公式サイト画面
引用元HP:レスメド
https://www.resmed.com/ja-jp/consumer/products.html

日本では帝人ファーマとの関係が深いレスメド社ですが、日本国内の在宅医療会社を通じて、医療機関向けに新製品のレンタルを促進させています。

近年の注目モデルは「AirMini」。新開発の人工鼻フィルターが搭載されているため水タンク型装置が不要となり、さらにコンパクトとなっています。

CPAP以外の
無呼吸症候群の対策法