HOME » 睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ) » メンテナンス方法

メンテナンス方法

CPAPを快適かつ清潔に使用するためには、定期的な機具の手入れがかかせません。ここでは、マスクやチューブなど機具のメンテナンス方法を期間別に紹介します。

毎日のメンテナンス

1.マスクの水拭き掃除をする

毎日使用していると皮脂やほこりがたまります。ウェットティッシュや水拭き用タオルで、マスククッション(顔に触れる部分)と額パッドを拭いてください。

市販のウェットティッシュを使う場合は、アルコールを含むものは避けたほうがいいでしょう。ゴムとの相性が悪く、劣化が早まるためです。

水洗いすることも可能ですが、洗った後は乾いた布でしっかり水気を拭き取ってください。水が残っている場合、夏などはカビの原因になります。

2.チューブを乾かす

チューブの中が湿っていると、衛生上よくありません。湿っている場合は陰干し乾燥させてください。

週に1度のメンテナンス

1.マスクを分解して水洗いする

マスクを分解します。製品によって違いはありますが、およそヘッドバンド、マスク、接続部分の3つに分解できます。それらを、薄めた中性洗剤で洗い、乾いた布でしっかりと拭き取ります。

乾いたのを確認してから、マスクを元に戻します。空気漏れの原因にならないように、クッションなどをしっかりと組み立てます

2.チューブを水洗いする

マスクと同じように薄めた中性洗剤で洗い、その後、陰干し乾燥させます。夏場は日差しが強いため、直射日光で乾かすと劣化が早くなるので注意してください。

3.ヘッドバンドを洗濯する

ヘッドバンドはネットに入れて洗濯ができます。とくに汗をかきやすい夏場は、定期的に手入れをしないと臭いの原因になります。

ヘッドバンドを交換するタイミングは、粘着部分が弱くなってきたころです。

数ヶ月に1度

1.フィルターをチェックする

CPAP装置のフィルターのチェックをします。環境によって汚れの具合に差異がありますが、フィルターのチェックは定期的に行ってください。

汚れが目立つ場合は、丸ごと水洗いしますが、機種によっては洗浄できないものもあるので、注意してください。

2.消耗品を交換する

マスク、チューブ、フィルターなどは消耗品ですから、定期的に交換する必要があります。マスクとチューブは1年、フィルターは半年に1回程度が目安です。

メンテナンス不要な新治療法「ナステント」

無呼吸症候群の新治療法、ナステント
画像引用元:seven dreamers公式HP
(https://nastent.sevendreamers.com/)

CPAPを安全・清潔に使用する上で、機具の清掃やメンテナンスはかかせません。しかし、定期的な清掃やメンテナンスは面倒だと感じる方も少なくはないでしょう。

そういった方におすすめなのが「ナステント」を使用した治療法です。

無呼吸症候群の新しい治療法として開発されたナステントは鼻腔内に挿入するチューブ状の医療機器で、個別包装・使い捨てなので毎日清潔な状態で使用することができます。

さらに、柔らかいシリコン樹脂を使用しているため、装着時も違和感が少なく長時間使用しても痛みが伴わないのも特徴です。

メンテナンス不要の新治療法「ナステント」について

Page Top