HOME » 睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ) » CPAP(シーパップ)とは

CPAP(シーパップ)とは

睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられるCPAPとはどのようなものか、その仕組みと治療内容についてご紹介。CPAPに期待される治療効果や、使用することのメリットについてもチェックして。

睡眠時無呼吸症候群治療の主流となるCPAPとは

CPAP治療とは、「Continuous Positive Airway Pressure」の略称。1981年にシドニー大学のC.E.SullivanらによってOSAS治療(OSAS:閉塞型睡眠時無呼吸症候群)に導入され、劇的な改善効果を報告。その後、臨床試験によって安全性・有効性が認められ、現在では中等度~重症のOSAS治療として最も普及しています。

簡易検査(スクリーニング)でAHI値が40以上PSG検査でAHI20以上と診断されると、保険適用でのCPAP治療が可能となります。

CPAPは睡眠時に特殊な機器を取り付けて呼吸の改善を促すものですが、根治療法ではありません。使用中は無呼吸の症状が改善されますが、使用しないときは元の状態なのです。また、自宅にいるときだけでなく、旅行・出張・昼寝のときも使用することが必要。継続し続けることが要求される対症療法です。

CPAPの装置は、医療機関からレンタルして使用する形が一般的。機器のメンテナンス・マスクやエアチューブなどの消耗品は、医療機関や専門の医療機器会社が対応しています。

CPAPの仕組みと治療効果

CPAPは、鼻に装着したマスク・エアチューブを介して空気を気道へ送り込み、圧力で気道の閉塞を防ぐ方法です。風圧によって気道にスペースが確保されるため、鼻でスムーズに呼吸をすることが可能となります。

その他に、CPAPを使用することで期待できる効果は以下の通りです。

  • 無呼吸・低呼吸の改善
  • 口呼吸の改善による口の乾燥・のどの痛みの消失
  • いびきをかかなくなる
  • 血中の酸素飽和度の改善
  • 睡眠の質の向上
  • 日中の強い眠気やだるさが少なくなる
  • 高血圧・狭心症・脳梗塞など合併症のリスク軽減

CPAPを使用したほとんどの患者が、その日から何らかの効果を実感しているようです(いびきの消失など)。最初は機器の装着や空気圧に違和感を持っても、徐々に慣れてしまうケースが多いとのこと。

また、重症の睡眠時無呼吸症候群の患者の場合、CPAPを使用しなかった人より長生きするというデータもあるそうです。

CPAP治療では、マスクをつけて寝なくてはならなかったり外泊先にも機器を持ち歩かなくてはならないというデメリットもあります。

そこで最近では、「ナステント」という睡眠時無呼吸症候群の最新治療との併用を推奨している医療機関も多いそうです。

ナステントは鼻から挿入するチューブ状の一般医療機器で、少ない負担で症状を緩和できるよう設計されているのが特徴です。

無呼吸症候群の最新治療ナステントについてはこちら

Page Top