HOME » 睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ) » 検査や治療にかかる費用

検査や治療にかかる費用

CPAP治療は対処療法のために長期にわたって行われます。気になる治療費や機器のレンタル代はいくらなのか?検査代についても詳しく解説しています。

検査は簡易検査と精密検査の2段階

無呼吸症候群の検査には、簡易検査と精密検査の2種類があり、どちらも保険が適用されます。

簡易検査は3割の自己負担で3000~4000円程度。これは呼吸器科やクリニックから1~2晩借りる簡易器具のレンタル代で、自宅で普段どおり寝ながら状態をチェックすることができます。

通院の必要がないので、仕事や日常生活に支障をきたさず、気軽に検査をすることができます。

簡易検査の結果、さらに詳しい検査が必要な場合、精密検査が必要となります。費用は3割の自己負担で20000~50000円程度

1泊2日の入院検査となり、寝ている間に医師や専門の臨床技師などがデータを見て、睡眠と呼吸の質をチェックしていきます。入院検査ではありますが、最近では仕事などへの支障が少なくなるように、仕事帰りにそのまま入院し、朝の出勤前に退院できるように配慮されている医療機関も増えてきています。

検査代に差があるのは、無呼吸症候群の検査の場合、個室で行われることが多いためです。予め、どの程度の費用が必要になるかを問い合わせておくと安心でしょう。

毎月1回の通院とCPAP機器のレンタルで5000円程度

治療方法にはCPAP治療とマウスピース治療の2種類があり、どちらも保険が適用されます。

CPAP療法の場合、月に1度は必ず通院する必要があり、診察料とCPAP機器のレンタル代がかかります。3割の自己負担で5000円程度です。

ただし、CPAP療法の保険適用には条件があり、精密検査で「AH120以上」(1時間に10秒以上の呼吸停止が20回以上ある)の場合に認められます。

ちなみにCPAP機器の個人所有は、日本ではまだ認知が拡がっていないのが現状です。

長期的なコストを抑えるために効果的という理由で、安易に海外からの個人輸入に手を出すと、故障時や不具合が出た時に苦労する可能性もあります

一方、軽症の場合は、マウスピース療法も選択できます。3割負担の場合、およそ15000~20000円で自分の歯型に合ったマウスピースを作成してもらうことができます。マウスピースを装着し、睡眠中にあごを突出させるやり方で、CPAP療法のように毎月通院する必要はありません

無呼吸症候群の根治療法はないとされており、軽症のうちに悪化を防ぐためにも、早期発見が非常に重要です。

Page Top