睡眠時無呼吸症候群の治療navi » 睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ)

睡眠時無呼吸症候群の治療法CPAP(シーパップ)

睡眠時無呼吸症候群の最もポピュラーな治療として知られるCPAP。このカテゴリでは、CPAP治療の具体的な内容と、その現状について情報をまとめています。

CPAP(シーパップ)とは

CPAPとは、「Continuous Positive Airway Pressure」の略称。

1981年にシドニー大学のC.E.SullivanらによってOSAS治療(OSAS:閉塞型睡眠時無呼吸症候群)に導入され、劇的な改善効果を報告。その後、臨床試験によって安全性・有効性が認められ、現在では中等度~重症のOSAS治療として最も普及しています。

簡易検査(スクリーニング)でAHI値(1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数)が40以上PSG検査(一晩入院して行う睡眠状態の検査)でAHI20以上と診断されると、保険適用でのCPAP治療が可能となります。

CPAPは睡眠時に特殊な機器を取り付けて呼吸の改善を促すものですが、根治療法ではありません。使用中は無呼吸の症状が改善されますが、使用しないときは元の状態なのです。また、自宅にいるときだけでなく、旅行・出張・昼寝のときも使用することが必要。継続し続けることが要求される対症療法です。

CPAPの装置は、医療機関からレンタルして使用する形が一般的。機器のメンテナンス・マスクやエアチューブなどの消耗品は、医療機関や専門の医療機器会社が対応しています。

CPAPの使用方法まとめ

CPAPの副作用・デメリット


CPAPは、医療の現場で「現状、最も効果的な治療法」として、睡眠時無呼吸症候群の患者に貸し出されているマシンです。しかし、人によってはその使用中にデメリットを感じることも、ある様子。また使い始めたことで、思わぬ副作用に悩まされる人もいるようです。その詳細をまとめてみましたので、要注目。

CPAPの
副作用・デメリットについて

健康保険が適用されるCPAP(シーパップ)

CPAPは、睡眠時無呼吸症候群を治療するために開発されたマシンです。無呼吸症候群自体が認知され、治療が検討されるようになってから、まだそれほど長い時間は経っていませんから「使用するのに、すごくお金がかかるんじゃないの?保険は適用されるの?」と心配になるでしょう。その詳細について紹介していきます。

CPAPの
保険適用について

旅行先・飛行機でのCPAPの使用について

可能であれば、CPAP装置は旅行・出張先などにも持参することが望ましいです。海外では、電圧の変換器を用いれば使用可能。飛行機内でも、CPAPが使えるよう配慮されている航空会社もあります。

同行者がいる場合は理解を求め、適切に使用するようにしましょう。

CPAPを飛行機に持ち込みする方法

個人輸入の方法と危険性

CPAPの個人輸入を行う人が増えているようです。その方法やリスクについて紹介しています。

CPAPのレンタルと個人輸入

CPAPとPEEPの違い

CPAPとPEEPの違いについて解説します。

CPAPと
PEEPとの違い

CPAPとBIPAPの違い

CPAPとBIPAPの違いについて解説します。

CPAPと
BIPAPとの違い

CPAP専用機器・マスクをメーカー別・タイプ別に紹介

CPAPのマスクにはいくつか種類があります。ケースに沿った選び方について解説しているので、知識を深めるためにお役立てください。またCPAPには続々と新しいモデルが登場してきています。開発へ積極的に取り組む企業や、その取扱いマシン情報も掲載していますので、ご一読ください。

CPAP機器(本体・マスク)の種類

CPAPによる無呼吸症候群治療の注意点

睡眠時無呼吸症候群の治療において、主流となっているCPAP。治療を進めるにあたって、覚えておきたい注意点についてまとめてみました。

CPAP装置は清潔に保ちましょう

CPAP装置は毎日使用するものです。説明に沿ってCPAP装置・マスク・エアチューブをお手入れし、常に清潔な状態を保つようにしましょう。万が一、マスクやエアチューブに汚れやカビなどが付着すると、それを毎日吸い込むことになってしまいます。

機器によってお手入れ方法は異なりますが、基本的にマスクは湿らせた布で毎日拭き1~2週間に1度はエアチューブも洗浄します。定期的なフィルター交換も忘れないよういしましょう。

自己判断で治療を中断しない

CPAPの鼻マスクやヘッドギアの装着が面倒になったり、不快感を覚えるといった理由から、途中で治療をやめてしまう人もいます。途中でやめると無呼吸が再発し、合併症などのリスクが高まるため注意が必要。

どうしてもCPAPの使用が難しい場合は、他の治療法を模索してみるとよいでしょう。

どうしてもCPAPをやめたいときは…

停電・装置の故障に注意

CPAPは電力を使用して稼働するため、停電や故障には要注意。送風が停止すると呼気を再度吸いこんでしまうため、二酸化炭素の貯留による呼吸困難に陥る恐れがあります。患者本人はもちろんですが、家族にも万が一の対処法を知っておいてもらうことが大切です。

また、CPAP装置には精密機器が使用されているため、乱雑に扱ったり水がかからないようにすることも重要です。

CPAPの仕組みと治療効果

CPAPは、鼻に装着したマスク・エアチューブを介して空気を気道へ送り込み、圧力で気道の閉塞を防ぐ方法です。チューブから空気を送り込まれるので、気道が開き空気が通るようになります。CPAPを付けていると、楽に鼻呼吸をすることが可能となります。

その他に、CPAPを使用することで期待できる効果は以下の通りです。

CPAPを使用したほとんどの患者が、その日から何らかの効果を実感しているようです(いびきの消失など)。最初は機器の装着や空気圧に違和感を持っても、徐々に慣れてしまうケースが多いとのこと。

また、重症の睡眠時無呼吸症候群の患者の場合、CPAPを使用しなかった人より長生きするというデータもあるそうです。

CPAP治療では、マスクをつけて寝なくてはならなかったり外泊先にも機器を持ち歩かなくてはならないというデメリットもあります。